78
ワークアウト

ヘルニアと突出のための機能訓練-1

~56 分
~672 kcal
女性

「ヘルニアと突起のための機能トレーニング-1」このトレーニングは、背中、胸、腕の筋肉を強化することを目的としています。 強い背筋は脊柱を支え、胸部の背部の動きの範囲を改善し、そして重さの膨張そして感じを減らします。

主な演習
壁のスライド(アンカー・ポイントから直面する立場)
1
レベル: 1
R1
8
壁のスライド(アンカー・ポイントから直面する立場)
1
レベル: 1
R2
8
肩甲骨の可動性
1
レベル: 1
R1
8
肩甲骨の可動性
1
レベル: 1
R2
8
ランジL
1
レベル: 1
R1
6
ランジL
1
レベル: 1
R2
6
ミディアムプル
2
レベル: 2
12
板への出口
5
レベル: 2
12
アーチャープレス
3
レベル: 1
10
横の前腕の屈曲
3
レベル: 2
12
ヒンジプレス(バー)
5
レベル: 2
10
ミディアムプル
2
レベル: 2
12
板への出口
5
レベル: 2
12
アーチャープレス
3
レベル: 1
10
横の前腕の屈曲
3
レベル: 2
12
ヒンジプレス(バー)
5
レベル: 2
10
ミディアムプル
2
レベル: 2
12
板への出口
5
レベル: 2
12
アーチャープレス
3
レベル: 1
10
横の前腕の屈曲
3
レベル: 2
12
ヒンジプレス(バー)
5
レベル: 2
10
ミディアムプル
2
レベル: 2
12
板への出口
5
レベル: 2
12
アーチャープレス
3
レベル: 1
10
横の前腕の屈曲
3
レベル: 2
12
ヒンジプレス(バー)
5
レベル: 2
10