頭上式の前腕延長(単一の腕)

4
コメント
レベル: 1 2 3
地域:

三頭筋

開始位置:

アンカーポイントから離れて立っている

ストラップの長さ:

ミディアムレングス

機能分類:

強さ

説明:

足はヒップ幅だけ離れています。 右手で肩の高さで握り、左手で腰を握ります。
つま先で休んで、左足で戻ってステップ;
あなたのつま先で休んで、あなたの右足で前進し、あなたの右腕を持ち上げ、あなたの胴体を傾けます;
あなたの右腕で、拡張子を行います。
もう一方の腕でも同じことを繰り返します。
板を平らに保ち、手を頭の後ろに置きます。

推奨負荷:

8x

運動の利点

FISIO機能ヒンジの第1レベルの頭(片方の腕)の後ろからの前腕の延長は、追加のサポートを使用して実行されます

この練習は隔離された三頭筋の仕事のために完全である。 ザ- 三頭筋 は、その性質上、良好な筋肉量を有するべきである筋肉であるが、多くの場合、この領域は、単に弱く、低機能である。 

このエクササイズを行うことで、上腕三頭筋の強さを改善し、腕の筋肉量と軽減を加えることができます。 各腕の交互の仕事は均等に各側面の負荷を配る。

コメント